Kommentar 2018 Nr. 4

 

 

 


Ludwig van Beethoven


und


seine Zeit

 

 


Antonio Salieri

 


Teil 8

 

 

 

 

 

 

 


»Antonio Salieri Teil 7«
[Archiv / Kommentar 2018 Nr. 3]
より続く

 


Wolfgang Amadeus Mozart や
Ludwig van Beethoven が
Wien で活動していた時代の
作曲家で
Wien の宮廷楽長
Antonio Salieri
について

 

 Wien の宮廷劇場に於いて、1783 年の début 以来活躍していた Soprano 歌手 Nancy Storace (1765-1817) が、1785 年 6 月 1 日に突然舞台上で声を失い、その後その年の 9 月 19 日になって、Giovanni Paisiello (1740-1816) の Oper (Dramma eroicomico) „Il Re Teodoro in Venezia” (Venezia の王 Teodoro) の公演に於いて、漸く舞台に復帰する事が出来た。

 それを祝う為に、Lorenzo Da Ponte (1749-1838) が書いた祝賀の詩に、Antonio Salieri (1750-1825) と Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)、及び現在に於いても誰を指しているのか明らかにはなっていない Cornetti という名の 3 名の作曲家によって、恐らくその年の 9 月に Wien に於いて作曲されたであろうと推測されている、Solokantate „Per la ricuperata salute di Ophelia” (Ophelia の健康の恢復の為に) の、Wien の出版社 Artaria & Comp. による楽譜販売の新聞広告が、同 1785 年 9 月 26 日付けの Wien の日刊紙 „Das Wienerblättchen” と、翌 10 月 18 日付の同 „Wiener Realzeitung” に出されている。

 しかしこの作品は自筆譜、筆写譜共に失われており、上記の新聞で広告された Artaria & Comp. による印刷譜に関しても、その後一部も発見されおらず、またこの作品は Wolfgang Amadeus Mozart と Antonio Salieri のそれぞれ自身による作品目録や、Lorenzo Da Ponte の詳細な覚書にも記載されておらず、その実際の音楽や Text は全く不明のまま、上記の 2 つの新聞広告によってその作品の存在のみが現在に迄伝わっていた。
Ludwig von Köchel (1800-1877) による Wolfgang Amadeus Mozart の作品目録では、作品の実態が分からないまま、その目録改訂第 3 版以降に於いて、この Kantate に KV 477 a = Anh. 11a という作品番号が付されている。

 その後 2015 年 11 月に、ドイツの作曲家で音楽学者の Timo Jouko Herrmann (1978- ) が、Antonio Salieri の生徒の一人で、また 1795 年以来 Ludwig van Beethoven (1770-1827) と親交のあった Italia 人の作曲家、Antonio Casimir Cartellieri (1772-1807) に関する資料の調査をしていたところ、Praha にある Czech 国立博物館の音楽収集品の中に、Lorenzo Da Ponte による „Per la ricuperata salute di Ophelia” の全 30 節に亘る詩の印刷本を発見した。
これは Wien の印刷出版業者 Joseph Ritter von Kurzböck (1736-1792) によって、1785 年に印刷されたものだが、それには 3 人の作曲家達による楽譜が添付されており、これによって 200 年以上の時を経て初めて、この作品の実態が明らかになった。

 Lorenzo Da Ponte による „Per la ricuperata salute di Ophelia” は、古い Italia の牧歌詩の様式に拠りながら、Nancy Storace が声を失いそれが恢復する迄の様子を描写している。
それに付された音楽は 3 つの部分から成っており、Da Ponte の詩の第 1 節より第 4 節迄が作曲されている。
第 1 の部分は第 1 節と第 2 節を Text とし、牧歌様式に基づいて Salieri によって作曲されている。
第 2 の部分を作曲したのは Mozart で、詩の第 3 節と第 4 節に対して、行進曲風の律動を用いて書かれており、その冒頭は彼が 1782 年に作曲した Singspiel „Die Entführung aus dem Serail” (Sultan 宮からの誘拐、KV 384) を想起させる。
第 3 の部分は再び第 1 節と第 2 節を Text として Cornetti が作曲しており、Salieri の書いた第 1 部に大変近い、牧歌様式に拠って書かれている。

 この漸く明らかになった作品が最も大きく意味するところは、史実上の Antonio Salieri と Wolfgang Amadeus Mozart との関係に関する点で、これ迄大いに流行って信じられている両者の敵対的な姿とは相いれない、一人の歌手の病気恢復を祝う為に、共同で一つの作品を書いているという事実から、協調的な好ましい両者間の関係という姿が浮かび上がって来る。
この協力的で良好な関係というものは、その音楽作品上の姿からも読み取る事が出来る。

 Salieri の Mozart に対する敵対関係という発想は、Russia の作家 Alexander Sergejewitsch Puschkin (1799-1837) が 1830 年に書き、1832 年に出版された韻文劇 „Mozart und Salieri” に於いて初めて発表された。
その後この韻文劇を台本として、Nikolai Andrejewitsch Rimski-Korsakow (1844-1908) が作曲した 1 幕の同名の Oper、また現代に於いても Puschkin の作品に触発されて、Peter Shaffer (1926-2016) が 1979 年に書いた戯曲 „Amadeus” と、特に 1984 年に制作されたこの戯曲の映画化によって広まった、Mozart の Salieri による毒殺説に加えて、この 2 人が敵対関係にあって不仲であったという捉え方が事実に反するという事を、„Per la ricuperata salute di Ophelia” は示す好例の一つと捉える事が出来る。

 

 


この先は次回
»Antonio Salieri Teil 9«
[Archiv / Kommentar 2018 Nr. 5]
へ続く

 

 


上部の写真:


„Per la ricuperata salute di Ophelia”

Text の第 1 頁


1785 年版

 

 

 

 

 

 

Bemerkungen sind geschlossen.