Kommentar 2018 Nr. 7

 

 

 


Ludwig van Beethoven


und


seine Zeit

 

 


Antonio Salieri

 


Teil 11

 

 

 

 

 

 

 


»Antonio Salieri Teil 10«
[Archiv / Kommentar 2018 Nr. 6]
より続く

 


Wolfgang Amadeus Mozart や
Ludwig van Beethoven が
Wien で活動していた時代の
作曲家で
Wien の宮廷楽長
Antonio Salieri
について

 

 皇帝 Joseph II. (1741-1790) が故郷の Wien に招いた、妹の Austria 大公女 Maria Christina (1742–1798) とその配偶者、Teschen 公爵 Albert Kasimir von Sachsen (1738-1822) の夫妻をもてなす為に、1786 年 2 月 7 日に Wien の Schönbrunn 宮殿の Orangerie に於いて „Frühlingfest an einem Wintertage” (冬の日の春の祝宴) が開催された。
Joseph II. はその催物の為に Antonio Salieri (1750-1825) と Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791) にそれぞれ舞台作品を委嘱したが、歓待の為というばかりでは無くその機会を利用して皇帝は、Salieri の伊語による Oper と Mozart の独語による Singspiel をこの催物に列席した Wien の有力な貴族達の前で、当時の舞台音楽作品という観点から精査の対象として鑑賞し、ひいては Joseph II. がその頃に目指していた、伊語による Oper に対する独語の Singspiel の優勢へと導こうという意図があった。

 この時に初演された Antonio Salieri (1750-1825) による Divertimento teatrale „Prima la musica poi le parole” (最初に音楽、それに次いで言葉) と、Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791) の Singspiel „Der Schauspieldirektor” (劇場支配人、KV 486) という 1 幕の両作品は共に、劇場に於いて新しい Oper を上演する事となり、2 人の女性歌手達がその際の出演契約獲得の為に相争うが、最終的にはその争いも収まり、登場人物達全員が幸せになって幕を閉じるという同様な筋書きに基づき、当時の劇場に於ける日常的な活動と、Oper の演出に関する問題を揶揄的に扱った内容となっている。

  Salier iによる „Prima la musica poi le parole” は上演時間が凡そ 1 時間程の、通常の Oper の縮小版の様な作品となっており、古典的な風刺劇の形態の中で、当時の劇場の習慣や悪習が取り上げられ、また Opera seria への揶揄として、この前年に高名な Castrato 歌手であった Luigi Marchesi (1754-1829) が Sabino の役を、また当時の最も有名な Soprano 歌手の一人と言われていた Catarina Cavalieri (1755-1801) が Epponina を歌って、Wien の宮廷劇場に於いて上演されて常ならざる大きな成功を収めた、Matteo Salvi (1816–1887) による 3 幕の Dramma per musica „Giulio Sabino” からの数曲を引用として利用している。

 一方 Mozart による „Der Schauspieldirektor” も „Prima la musica poi le parole” と同様に、凡そ 1 時間の上演時間をを要する Singspiel であったが、Mozart がこの作品の為に作曲したのは Ouvertüre 及び Arietta、Rondo と Terzett が各 1 曲ずつと、それに終曲を加えた計 4 曲の声楽曲のみで、それ等の演奏時間は合計で約 20 分余りと、作品全体に占める音楽の比率は Salieri のものと比較して小さく、それ以外の部分は音楽を伴わない話される会話から成っている。

 皇帝 Joseph II. がこの時に目論んでいた Singspiel の盛名という点に関しては、この時の催物の機会がそれに与する事は余り叶う事が出来なかった。
両作品共に全体が良く形作られており、楽しめるという点に関しても遜色の無い舞台作品とはなっていたが、„Prima la musica poi le parole” が良く引き締まって纏められた Opera buffa となっていたのに対して、„Der Schauspieldirektor” が Johann Gottlieb Stephanie d. J. (1741-1800) による、その時代の既成の様式に全く適合した中庸な台本に基づき、音楽が適度に散りばめられて個々の場面が自由に繋げられた、より演劇に近い作品となっていた事をその理由の一つとして考える事が出来る。

 但し Mozart の作曲した音楽に関しては全く遜色の無いもので、その Ouvertüre は躍動感に溢れ、Thema は独特でとても Oper 的な特徴を示しており、Ouvertüre に関しては Salieri によるものよりもより優れたものだと捉える事が出来る。
しかしその後に続いて計 13 曲が書かれている „Prima la musica poi le parole” に対して、漸く作品の終わり近くになって 4 曲の声楽曲が並べられている „Der Schauspieldirektor” では、この Ouvertüre が完全に孤立した存在になってしまっているという点を否む事は出来ない。

 Salieri は „Prima la musica poi le parole” に於いて、作曲家が作曲をする場面を作曲するという興味深い描写を行っており、また終曲の Quartett では、それ迄対抗していた 2 人の Primadonna の Donna Eleonora と Tonina に、同時に夫々の Arie を歌わせるという手の込んだ工夫をしているが、最後には巧妙に肯定的で良好な終結に落ち着けるという、大変洗練された作曲技法をここで披露している。

 

 


この先は次回
»Antonio Salieri Teil 12«
[Archiv / Kommentar 2018 Nr. 8]
へ続く

 

 


上部の写真:


„Prima la musica poi le parole” の
手稿譜

第 3 頁

 

 

 

 

 

 

Bemerkungen sind geschlossen.