Memorandum 2015 Nr. 3

 

 

 


Über Österreich und Wien

 

 


Kurfürst

 


Teil 17

 

 


選帝侯 (第17回)

 

 

 

 

 

 

 


»Kurfürst Teil 16«
[Archiv / Memorandum 2015 Nr. 2]
より続く

 


Kurfürst とは
神聖 Roma 帝国に於いて 13 世紀以降
Roma ドイツ王を選出する独占的権利を認められた
人数の限定された帝国の有力諸侯団。
この Roma ドイツ王位は
神聖 Roma 帝国皇帝位と密接に結び付いている為に
実質的には神聖 Roma 帝国皇帝が
選帝諸侯団に選出されるという意味になる。

 

 近世に於いて „Kurfürstentag” (選帝侯会議) には、帝国の政治に関するより積極的な関与と、帝国全域に亘る明確な責任の自覚が求められる様になった。
また義務付けられていた訳では無いにも拘らず、大抵の選帝諸侯は会議に臨むに当たって、選帝侯会議の原則と根本方針に対する宣誓を行ったが、それによって Kurfürstentag は選帝侯という身分階級に伴う利益の保全、及びその特権擁護の為の機関としての役割も担うようになった。

 こうして次第に権力を増して行った Kurfürstentag の位置付けに対しては、例えば哲学家で数学者であると同時に政治家及び外交官でもあった、Gottfried Wilhelm Leibniz (1646-1716) も後に主張した様に、帝国の寡頭政治化だと非難する意見もその当時から既にあったが、特に近世初期に於いては Kurfürstentag の意味と政治的な役割は大きく揺れ動き、1630 年に Regensburg に於いて開催された Kurfürstentag 迄は、その時々の皇帝が Kurfürstentag に於ける決定を、どの程度実際に帝国の政治に反映させる意思を持っていたかどうかに完全に依存するという状態であった。

 しかし 1630 年の Regensburg に於ける Kurfürstentag では、その開始の時点に於いては権勢が順調に高まり、選帝諸侯に対して非常に優位な立場にあった皇帝 Ferdinand II. (1578-1637) であったが、会議の終幕に於いては彼にとって初めての政治的な敗北を喫するという事態に陥り、それとは逆に皇帝に対抗する選帝諸侯の政治的な力が強まるという結果になった。

 1630 年の会議に次いで 1636 年 9 月 15 日から翌年 1 月に掛けて、同じく Regensburg に於いて開催された Kurfürstentag では、前回の会議の時に Ferdinand II. が最重要課題として目論んだが失敗に追い込まれた、彼の第 4 子 3 男 Ferdinand Ernst (1608-1657) の Roma ドイツ王への選出が遂に叶う。

 この会議が開かれた頃の 1618 年から 1648 年に至る 30 年戦争の期間には、この戦争の為にその間麻痺状態に置かれていた帝国議会の代わりとして、時折 Kurfürstentag が開かれる様になっていた。
今回の会議に於いてはそういう意味で、本来は帝国議会で決定されるべき事項に属する、帝国税の導入が Kurfürstentag の独断で決定されたが、これはその後 Kurfürstentag に属さない帝国諸侯からの非難を浴びる結果となり、これを契機として以後半世紀に亘る選帝侯と帝国諸侯の対立が続く結果となった。

 これに次ぐ Kurfürstentag は 1640 年 2 月 3 日から 7 月 7 日の間 Nürnberg に於いて開かれたが、選帝諸侯は 1636 年の会議の影響から、将来は Kurfürstentag よりもより政治的に力強い集まりが必要だという見解に至り、それ以後重要な案件に関する話し合いが必要な場合には、Kurfürstentag では無く帝国議会を召集する様になり、今回の集まりを最後に Roma ドイツ王の選出を伴わない Kurfürstentag は以後開催される事が無くなった。

 1680 年頃には既に選帝諸侯の帝国の政治に関する先導的な役割は事実上終わりを告げるという結果になったが、選帝諸侯は儀礼上の特権に関してはそれを保持する事に努めて、それ以後も 1792 年 7 月 5 日に行われた、神聖 Roma 帝国の最後の皇帝となった Franz II. (1768-1835) の選出に至る迄、Roma ドイツ王の選出の為の Kurfürstentag の開催は継続された。

 

 


この先は次回
»Kurfürst Teil 18«
[Archiv / Memorandum 2015 Nr. 4]
へ続く

 

 


1630 年に
Regensburg に於いて開かれた
„Kurfürstentag”
に関しては
[Archiv / Memorandum 2015 Nr. 2]
を参照

 

 


上部の写真:


1619 年に
Frankfurt am Main に於いて行われた
Ferdinand II. の
神聖 Roma 帝国皇帝への
戴冠式に於ける
選帝諸侯の行進

銅版画

 

 

 

 

 

 

Bemerkungen sind geschlossen.